投稿

泣ける本と、アメリカンジョーク本・3

イメージ
机の上が私物まみれで怒られました。Indiです。こんちゃーす。

テーブルの半分ずつが、私と旦那様の領土なのですが、今、4分の4、私が使っているからな。可哀想に、旦那様…ww



泣ける2ちゃんねるの1冊目と3冊めが届きました。




涙で前が見えないよう…!!


まあ、全く面白くもなく、感動も出来ない、「だから?」っていう、つまらない話も混在しているのですが、まずまずです。暖かい両親に恵まれた方なら、もしくは、悲惨な家庭で育った方でも、モノによっては、涙も出るかと思われます。母ちゃんには不要だなと感じました。

あいつの周囲、まともで優しく穏和な、人間らしい人間が、少な過ぎるからなぁ。

それより、私が泣きました。最近めっきり視力が落ちて、前も横も、これからの人生も見えない私が読む分には、大きな指標となります。

そして、子供はやっぱり作れば良かったかな??って。

まあ、姪(っぽい?)が出来るらしいので、それはそれで楽しみなのですが。



昨日届いた、アメリカンジョーク2ちゃんねる選抜。



ジョーク本にしては、かなり上質な方です。面白い。合格。
元ネタが何処なのか知りたいなって思いました。
私が知っているジョークに、アレンジが加えられたものが多数掲載されています。
それとも、こっちが元ネタなのかな??
素直に心の中で笑いました。

さすが、日本一の巨大掲示板。

集まる人も、多くのジョークを知る、無類のジョーク好きですね。
今、ブロンドの女性をジョークネタにしたら、フェミニスト達から、猛攻撃を受けますからね、きっと。
古き良き時代の本ですね。発行2008年だし。十年前の本ですww
面白かったです。これ、持って行きます。

iPad!My Love!!

宅急便のお兄ちゃんが、「宅配便で〜す!!」と軽快に叫びながら、インターホンを鳴らすのと同時に「アザース!!」と言い、いそいそとハンコを持ってドアを開け、iPadを出迎える私。

さあ、ワクワクしながら開封です。

さすがはApple社、開けやすく、かつ頑丈に梱包されております。


段ボールの外箱は、な。


あの、白い内箱となると、がっちり隙間無く包装された、ビニールを裂くカッターが必要です。

ムキーってなりながら、切れないハサミで(コレしかなかったので)、無理矢理に開封しましたww

ゴールドって、まるで中国人の好むような、キンキラキンの黄色い金。あるいは、無難で、使う人を選ばない、シャンパンゴールドを想像しておりましたが、ところがどっこい、流石はアップル社です。そんなありがちのゴールドではありません。


私の個人的な感想ですが、どちらかといえば、ブロンズがかった色です。
金というか、ピンクゴールド。見方によっては、ピンクベージュにも見えます。
または、薄茶の入った渋い金とでも言いますか。


スタイリッシューーーーー!!!


女の子が好きそうな、ステキな色です。

勿論、男性が使っていても、違和感はありません。

義母さまと被らないように、と、適当に決めたゴールドなのですが、本当に、心から、ゴールドにして良かった!!と、思いました。
事実、売りだされた途端、ゴールドは、瞬殺で売り切れたとの事(旦那様談)。

カバーをかぶせるのが勿体無いわ!!
でもカバーを被せないと、私は絶対、落としたりして、液晶割れとか起こすわww

そして、何と言っても、薄い!!

今までの我が家のiPadより、断然薄い!!
更に、軽い!!軽過ぎる!!!

非力な私でも、左手にiPadを持ちながら、右手で操作が出来ます。

机に置く必要無し!!



個人的に、難航したのは設定です。

なんと、私のiPad(去年のモデルなのですが)、指紋認証でした。
指紋が合わなければ、パスコードの入力となりますが、以前は四桁だった物が、六桁に進化しております。少なくとも、浮気が疑わしい、伴侶のiPadを突破したい一般人には、『これは無理…』と、ひざを屈させる仕様だと思われます。

でもまあ、あるんだけどね、色々方法は。
地味なものから、一番安心なものまで。

私は書かないけどナー。

セキュリティーの面で、ますますの進歩を見せておりますね、アップル様!!

帰省時に持ち帰る本・2(お笑い系)

イメージ
最近、ジョークの本や、感動する本を、10冊ほど買い漁りました。

その中の半分くらいが、2ちゃんねるのスレッドを纏めた本。

すでに古本らしい。現在では絶版か??

モナーていうのかな?あのキャラは。確か。
良く知りませんが、その猫みたいなキャラが表紙にちょこんと描かれた、黄色い本です。

カテゴリ毎に絞って、秀逸スレッドをまとめた、シリーズ物みたいです。
2ちゃんねる新書(確か…)で検索すると、めっちゃ出てくる。



もうね、安パイに走る事にした。



そして、私が以前から大切に保管して、大事に読んでいた、4冊しか持っていないお笑いジョーク系の本は、新しく買った本が到着し次第、マッハで読んでいるのだが、かなり質が高い、素晴らしい本だったのだと判明した。

笑いや感動が、圧倒的に足りていない、うちの母ちゃんに渡してくる予定の本だから、時間も無いし、安パイに走るしか無かったのだが、まあ、あの人は思いっ切りアナログだから、ちょうど良いだろう。

知っているジョークの数も、私より圧倒的に少ないしなぁ。
(私はその昔、ジョークにハマって、ネット上で調べまくった事がある)

私がその昔語った、秀逸ジョークで笑っていたからな。
まあ、大丈夫だろう。

と、思う事にします。



届き次第貪り読んでおりますが、武勇伝の本



これは、未だにまとめサイトに上がっていたりするので、合格。脚注があるので分かりやすい。読んでいても爽快感が残る。中には、無謀過ぎて、読み手を不安にさせる書き込みもあるのだが…。



誰が上手い事言えといった。


発行の期日が古すぎるし、マニアックで、日々2ちゃんねるに貼り付いていないと、解読はムリ。スラングが多過ぎる。一般向けではないだろう。私もよく分からない部分が多数。しかし、本の内容が理解出来るなら、秀逸なジョーク集といっても過言では無い気がする。個人の意見では。


ジョーク世界一。



シリーズ物。私は決定版を買った。

これが、国内のあらゆるジョーク本の元ネタなのかしらないが、全然面白くない。
キャッチコピーに偽りあり。でもまあ、古い本だから、こんなものか。



今、アメリカンジョーク集と、泣ける話の本の到着を待っている所です。

デブの味方、それはゴールドジャパン!!

午前中の早い時間に頼んだのですが、翌日には届きましたよ、ゴールドジャパン

ここは3L〜6Lくらいまで取り扱っているので、非常に有難い通販サイトです。

なんと、ストッキングも3L〜4L、5L〜6Lと、大きいサイズがあります。
またずれ防止機能も有り、国産品だし、安心安全!!

普通の店舗では、LLまでしか扱ってないのですよね…。

がっつり体重が増えたワタクシ、大喜びでございます。

しかも可愛い、レース模様のストッキングとかもあるねん。しかも大きいサイズやねん。

本も買いました。

あのクソババが入院するのですが、また小難しい本を持って行って、読まないに決まっているので。軽く読めて、笑えるであろう本をいくつか買いました。

出発日までに届けば良いけど。

今月は大人買いを決めました。

おかげでお小遣いすっからかん。
貯めておいた分もすっからかん。



旦那様は
「また服買ったの〜?!
Indiは、そうやって欲しい物ばかりドカドカ買うから、お金がなくなるんだよ。
貯金も出来ないでしょ?
いざという時に、欲しいものが買えなくなるよ??」


という軽口に対し、マジギレ。


「よく分かってんよ、私だって和服貯金が消えて悲しいよ!!
でもな、今回はあのクソババアが入院するっていう想定外の事が起こったし、季節の変わり目で向こうは朝晩が寒いから、中間服を服買い足さなきゃならなかったんだよ!!
大概の冬物は、もう断捨離しちゃったしな!!
厚手の冬物しか残ってないわ!!
それにサイズアウトした服が多いから、新たに買いなおさなきゃならなかったんだよ!!あと、貯金できてないって言うけど、私、先月の分、四千円くらいプールしていましたから!!
適当なこと言わないで下さいよ!!」

に対し、旦那様は、

「分かった」

と、力強く頷きました。

妻のヒスは、さぞかし恐かっただろう。

いや、もう慣れたか??

私のiPad、明日届くよ!!ヒャッホーイ(*^o^*)

今日は多忙の一日。

詳しくは、また後日書きます。

(ワタシ的に)ハードなスケジュールをこなし、家に帰って来てから、旦那様が、唐突に言いました。

『IndiのiPad、明日届くから』と…!!



何ですって!!
こんなに早く!?


ちょっと待って、胸の鼓動が追い付かないわ!!

この前聞いたら、「6月中…」って言っていたじゃないの!!

しかも、LINEスタンプも買いなおしてくれるって!!

マジか!!

アカウント作り直したかったから、嬉しいけど!!
(それは、当分先のことになりそうですが…)

そういえば、昨日の夜、聞かれたんですよね。

『Indi、iPadの色、何色がいい??』とね…。

「ピンク」と答えましたが、シルバーかゴールドの二択だと言われましたww

で、シルバーはお義母様が使っているので、間違わないように、私はゴールドを選択しました(カバー使うから、実際には間違うなんて事はないよとも言われましたが。ラベンダー色のカバー使いたいなぁ)。

で、6月中だったはずの私のiPad、急遽、明日届く事になり、めちゃ嬉しい…のですが、やはり旦那様のチョイスで、SIMフリーとは行きませんでした。

「Wi-Fiでいいじゃん。SIMフリーのiPad使って、携帯も使い放題なんて、贅沢だよ。もういっそスマホにするべきだよ」

なんて言われました。



私のガラ携帯を使って、結構な頻度で、同僚と仕事の長電話をしておいて、一体どの口が言うんだい??



と、いうのは黙っときます。良妻として。一応は、お口にチャックです。

因みに、お義母さまも、相手が長電話好きである場合は、私の携帯を使います。

お陰で、誰かわかんねぇ番号から、私宛てに、さほど間違いでも無い、家族宛ての間違い電話が来るよ!!

みんな、ちゃんと、あて先の電話番号を確認してよ!!
安易にリダイヤルしないで下さいよ!!バカ!!バカバカ!!

旦那様は「これから、嫁の携帯でかけ直しますね」と、言っている筈だし、お義母さまも「ちょっと今ね、お嫁さんの携帯電話を借りているのよ、ウフフ」とか言っている筈なのだ!!

もう嫌だよ、家族宛の間違い電話!!!



話は戻って、私のWi-FiモデルiPad。

仕方無いね。

SIMフリーモデルだと、目玉が飛び出る値段だからね…。
いや、うちの経済状況ではね…ww

今や、コンビニや、ちょっと小洒落た喫茶店や、地下鉄でも、無料Wi-Fiが…

『紳士淑女のジョーク全集』についての感想(辛辣ですよ)

イメージ
本日届いたので、ウキウキしながら早速読みました。
母ちゃんに読ませるために買いましたが…。


ふざけてんのか?ああん??


まずコレが読後の感想。
久しぶりに本を買いましたが、お買物に大失敗しました。




紳士淑女の、と付いているから、下ネタは扱わない(あっても申し訳程度で)、機知に富んだ傑作ジョーク集を期待したが、初っ端から下ネタの章。しかも、続く続く。もういいってくらいに。

前書きの中の「我々高齢者は〜」を思い出して、怒りが湧きあがる。

『紳士淑女』って、まさか高齢者の総称って意味で使ってんの?!この作者は!!


何勘違いしてんの?このボケナス!!
世の中の、本物の紳士淑女に謝れ!!


くだらねえ下ネタ満載で、怒りがこみ上げてくる。
定価で買ったから、なおさら。

やっすい価格で買い取りに出すのもしゃくだから、誰か一発殴りたい時にでも、背表紙をお借りしようかしら。

なんか、著者の井坂清氏は、週刊新潮の記者をなさっていた方のようなのだが、チョイスされているジョークは、下ネタがあまり好きでは無い私にとって、読むほどに、疲れて行く代物。

それでも、中にはあるよ、こんな私を、力づくで笑わせてくれる下ネタが。


でも、この本に掲載されている下ネタ、全然面白くない。


週刊新潮って、読んだ事ないけど、こんな下品な雑誌なの??
務めていた出版社の名前を、明かすべきでは無かったな。
下品過ぎる。


しかも、自分語りが過ぎる。
チラシの裏にでも書いてろ、と、読書中に何度も思う。
自分語りって、認識されてる時点で、もうアウト。
そして、全集と言う割に、ほとんど自分語りが収録され、むしろジョークの方の収録が、圧倒的に足りない『お粗末集』なのですけど。
というか、収録されているメーンが、お年寄りの自分語り集なんですけど。

1,500円するのだが、千円以上、どぶに捨てた感覚。


半分以上真顔で、時間を無駄にしているかもしれないという、不安と戦いながら読んだ。(そしてそれは現実となった…)


流し読みしながら飛ばし飛ばしで、途中、無作為にぶっ込まれている、一部のワンライナー(一行程度のジョークを、そう呼ぶらしい)と、後半部分の、これはって言える、本の後の方に持ってきたかったらしい、力作傑作ジョークだけを拾い読みした。

そして、この後半に書かれている、僅かな秀逸ジョークと、『あとがきに代えて』という、部分のみを評価し、私の…

GW直後くらいの記事です。多分。 アップ忘れてた。

旦那様のiPadを借りてLINEで遊び倒して、もはや3週間弱かな…。

私も、自分のiPadが、俄然、欲しくなりました。

旦那様に、早速おねだり開始です。

まずは一手目。

「買ってぇ〜ん、あなたぁ〜ん( ´∀`)」と甘えながら肩を揉む。



二段階目

「欲しい〜!欲しい〜!!ワタシダケモッテナイyo(常套句)!!」と泣き付き、そして地団駄を踏みまくる。



ラスト。

「買ってヨォおおおお!!!欲しいヨォおおおお!!」と、大暴れして床を転げ回る。
そのまま、大好きな昼寝をしている旦那さんに、突進、衝突。
そして怒られる。


…という経緯を、何度か繰り返し受けた旦那様は、(私が余程ウザかったのか、)遂に、旦那様なりに折れて、

「Indiが良い子にしてたら、買ってあげる!」

と言いました…。



この、『いい子』が難関でしてね…。



我が家の良い子の定義とは…、


炊事洗濯掃除といった家事を、さぼらずにこなし、出かけたら門限を護り、きちんきちんと、毎日、人間らしく(ココ重要)、規則正しい、健やかな生活する事なのです。

・毎日、必ず、お風呂にはいる(私は、毎日きちんとお風呂に入るのなんて、連日の猛暑日だけだ…。普段から、カラスの行水派)。
・混沌の腐海と化した、本棚の整理を可及的速やかに行う事(旦那様からクレームきてるww)。
・テーブルの上を、私のモノだらけにしない(メイクや読書や音楽鑑賞をしたら、積極的に、お片づけしましょう)。
・ベッドの上を、私の本や、マンガだらけにしない(旦那様の就寝スペースにまで、私の細々した文庫本やマンガの類が侵食しているので、これも連日クレームが来ている)
・育毛剤も、生えると信じ、積極的に毎日使いましょう。
・砂糖を飲み物に入れてはなりません。
・洗濯物をきちんとたたみましょう。
・そしてきちんと仕舞いましょう。
・部屋着でうろうろと外へ出掛けてはなりません(我が家では、出掛ける際には、それが例えば、ごく近い、近所のドラッグストアや、コンビニや、スーパーであっても、必ず着替えなければならない、という、旦那さまが作ったルールがある)。
・アイロン嫌いを克服しましょう(アイロン待ちのシャツやハンカチが、大量に溜まっています)。
・寒い時は、ちゃんと自分で服を出して着ましょう!!

なども含まれています。


私は、薄着で「さぶい…」と真顔でブルブル凍えて、くしゃみをしながら鼻水を垂らしている、子供…